抜け毛の減員を突き止めよう

>

自分の生活習慣に問題がある

ストレスを溜め込まない

ストレスは、身体に大きな悪影響を与えます。
それだけで身体の機能が低下してしまうので、髪の毛を作り出すことができません。
ダメージからも回復できないので、傷ついた髪の毛がずっとそのままの状態になります。
それが髪の毛にとって悪いので、抜け毛対策をする時はストレスを溜めないように意識してください。

生きていれば必ずストレスが溜まるので、全く感じないで生活を送ることは不可能です。
ストレスが溜まっても、すぐに解消すれば身体に悪影響を与えることはありません。
最初は小さなストレスでも、積み重ねれば大きなストレスに変わってしまいます。
するとすぐに解消することはできませんし、身体の機能を低下させるので気をつけてください。

睡眠時間と抜け毛の関係性

睡眠時間が短い人は、抜け毛が多いというデータがあります。
寝ている時に髪の毛を作り出すので、睡眠時間が短いと十分に生成することができません。
きちんと寝てください。
また、眠る時間帯も関係しています。
昼間にたくさん寝ても、髪の毛を作り出すことはできません。

髪の毛を生成する機能が活発になるのは、夜の10時くらい夜中の2時までです。
その時に睡眠を取れば、髪の毛のダメージを減らすこともできるでしょう。
仕事で帰宅するのが遅くなると、どうしても睡眠時間が短くなったり遅れたりするひともいると思いますが、なるべく努力して夜の10時には寝る習慣を身につけてください。
1回癖になれば、ずっと10時には寝ることができると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る